ビジネス美学

人を活かす ~経営とは本来非効率なものである

社会・会社の中には、デキル人もいればそうでない人、また価値観も人それぞれで、いろいろな人がいます。
だから、人はみな違うと考えて、違うなら違うなりにその人が活きる方法を考えるのが経営だと思っています。
デキル人は優秀だからと言って放っておけば良いわけではありません。その人に合わせたレベルの高い話をし、むしろこちらが相談するというスタンスで接すると、さらに高い能力を発揮してくれます。ところが、組織の中でデキル人はわずかです。どちらかと言えば、手取り足取り手のかかる人たちの方が多い。だから経営者は、この人たちをビジネスの中で活かしていかなくてはなりません。生産性の低い人の教育に時間をかけるのはたしかに非効率です。そういう意味では、私は経営・マネジメントはそもそも非効率なものだと思っています。経営の王道とはこれを愚直に辛抱強くやっていくものだと思っています。
世の中の経営者で、人事出身者は意外と多くありません。これは私見ですが、人事部出身の経営者の企業は、経営が安定しているように思います。これも、非効率でありながらすべての人材の育成を地道にやっている経営の賜物ではないかと考えています。

Pocket

Comments are closed