将来の夢

代表権を返上し、今度こそ「普通の生活」を楽しむ

私は、取締役会で70歳だった社長の定年を65歳に引き下げ、さらに会長の定年も75歳に変更しました。今は会長となり、昨年、代表権を返上しました。
私は、ツムラが大変厳しい状況にあるときに入社し、様々な抵抗勢力とも戦いながらここまで会社の再生・復活を果たしました。

先にもお話しましたが、もともと「普通の生活」がしたいというのが私の願いです。
経営の方は次の世代に任せ、これからは人生の次のステージを楽しみたいと思っています。

若い頃は、趣味でオートバイやスキューバダイビング、沖縄に赴任していた時には、ヨットもやりました。その後、ヨットの模型作りとリモコン操舵にものめり込みましたが、どの趣味もストレス発散にはほど遠いものでした。
ところが、6年前ほど前、たまたまテレビで目にした“おやじバンド”に触発され、それからギターを中心に楽器の演奏、バンドにはまっています。紹介してもらって行った四ツ谷の70年代フォークバーでは、私と同じような年代の人が楽しそうに楽器を演奏していました。偶然当社の社員に見つかってバレるまで、そのお店では最初、社長の肩書を伏せて通っていました。
最初は恥ずかしくて、開店直後のお客さんの入っていない時間帯に行き、マスターに合わせてもらいながら恐る恐るギターを弾いていました。「思い出のグリーングラス」という曲です。ある日、もう1回だけ弾いて帰ろうと思っていたところへ、幸か不幸か、ちょうどお客さんが入ってきてしまいました。彼らは私の楽譜をちらっと見ると「じゃあ、これ、みんなでやってみようか」と言って、慌てる間もなくセッションが始まってしまったのです。
マスターと2人だけのときとはまた違って、私のギターのメロディを、キーボード、ベース、マンドリン、ドラムなどの楽器が上下から添うように奏でる「思い出のグリーングラス」は本当に最高でした。曲が終わったときの身体が浮き上がるような昂揚感、至福の感覚は忘れられません。
あまりの幸福感に、店を出た後、思わずスキップが出ちゃいました。一応、前後に人がいないのを確かめましたけどね。

おやじバンド”に触発されギターにはまる
おやじバンド”に触発されギターにはまる

それからは病みつきになって、自分でもギターを買いました。お店の仲間には「安いギターを使っているとそのうちだんだん欲が出て、次から次へと買い換えることになるから、どうせなら最初から良いギターを買った方がいいよ。」と勧められ、マーティンのD45を買いました。
それなのに、その後もマーティンのトリプルオーからギブソンのJ45、その後はJ200と、半年に1回のライブごとに新しい良いギターに買い替えるはめになり、今では10本以上になってしまいました。
とうとう一昨年には、郊外に100坪の土地を買って、ライブスタジオも作りました。
そこにはギターもドラムもベースもキーボードも用意してあります。私自身ももちろん演奏するのですが、お客さんにもドリンク代1,000円だけもらって、好きな楽器を自由に演奏してもらっています。ライブ営業は、“休日の午後”のみです。

私としては、ツムラを再生させ、今後は漢方メーカーのリーディングカンパニーとしてある程度の成長の道筋もつけたと思っています。
これからは、子供の頃からずっと願っていた「普通の生活」を満喫すべく、趣味や健康管理にも気を使っていきたいと思っています。

プロフィール詳細

プロフィール 生年月日 1947年7月11日
出身地 福岡県飯塚市
血液型 O型
生活リズム 平均起床時刻 AM4:00
平均就寝時刻 PM10:00
平均睡眠時間 6時間
平均出社時刻 AM8:30
平均退社時間 ケースバイケース
自己流 ゲン担ぎ いきあたりばったり
集中法 自室でA4のコピー用紙を並べ、絵を描きながら考える。
リラックス法 バンド、ギター演奏
健康法 ゴルフ
休日の過ごし方 バンド、ギター演奏
座右の銘 座右の銘は、その人の人生のステージ、置かれている環境によって変わっていくものである。
好み 趣味 バンド、ギター演奏
好きなブランド (ギターの)マーティン
好きな食べ物 なんでも食べる
好きなお酒 飲まない
好きなエリア 青森県奥入瀬渓流
好きな色 黄色

My Favorites

オススメの本

■愛読書
★芥川賞・直木賞などの旬の本

爪と目

爪と目
(新潮社)
藤野可織(著)

ホテルローヤル

ホテルローヤル
(集英社)
桜木紫乃(著)

■ビジネスパーソンに薦めたい本

上杉鷹山の経営学

上杉鷹山の経営学
(PHP研究所)
童門冬二(著)

よく行くお店

■よく行くお店

ロウリーズ
(サラダビュッフェがお気に入り)

■ビジネスにお薦めのお店

徒然茶寮

Pocket

Comments are closed