生い立ち

幼少期 ~兄と妹に挟まれた中間子が編み出した生存戦略とは?

父はサラリーマン(営業)でしたので、私の今に至るキャリアは父からの影響を少なからず受けていると思います。
私は3人兄妹の真ん中で、3歳上の兄と5歳下の妹がいます。
長男の兄は家族の中で、当然、父の次に大事にされます。もちろん、兄妹の中では一番上ですので、怒られるときにも矢面に立つのは長男ですが、逆を返せば一番人格が認められているということです。
妹は男2人の後の末っ子で女の子ですから、これはもう可愛がられる存在でした。
長子としてリスペクトされている兄と、家族のアイドルとして可愛がられる妹。中間子の私は、幼な心にも「このままでは自分の存在価値がなくなる!」との危機感を持ち、人とは変わったこと、変わった考えを好むようになりました。
この時、子供心で考えた生存戦略が、今の私の行動・思考特性のルーツになったと思います。

小学校時代 ~転校先のクラスでいきなりの存在感

父の転勤の関係で、小学校5年生のときに、横浜から埼玉の北部に引越しをしました。
今から思うと生意気ですが、横浜のお洒落シティ・ボーイを気取って、小学校の頃から長髪にしていたちょっと変わった子でした。
それが埼玉に引っ越すと、周囲は坊主頭の純朴な子供たちばかりです。転校日当日、なぜだか先生が私を紹介することなく教室にひとり残して出ていくと、好奇心を抑えきれない同級生たちがわあーっと集まってきました。そして、口々に「ねえねえ、どこから来たの?」「名前は何ていうの?」と質問を浴びせてきます。都会から田舎への転校で少し斜に構えていた私は「何だよ、人に名前を聞くなら先に名乗れよ・・・」と心の中で思っていました。そこで口に出た言葉が、「『名前は?』って聞くなら、当ててみろよ」というせりふでした(笑)。
これが先制パンチとなって、転校から3日も経つと、クラスの中心的存在になっていたように思います。このときの同級生には今でも交流のある友だちがたくさんいますね。

中学校・高校時代 ~初めて自分の「スイッチ」を開発した経験

独自の勉強方法を編み出し学年10番に上がる

中学校は、同じ小学校からの持ち上がりも含めて1学年350人くらいでした。
小学校のときからあまり勉強はしなかったので、初めてのテストは学年で150番台くらいでした。
ところが負けず嫌いの性格が顔を出し、「勉強法を開発すれば、できるようになるんだ!」と豪語していました。実際に自分なりの効率的、効果的な勉強方法を編み出し、実践してみたところ、成績は学年で30番→10番と上がっていきました。

高校時代 ~サッカー一辺倒の生活から浪人覚悟で受験勉強

高校時代の文化祭(本人は中央)

高校卒業後もサッカーを続ける

小学生のときからサッカーをやっていたので、高校は文武両道の高校に進学しました。
通学は学校まで12キロの道のりとなり、毎日毎日ひたすら自転車で通いました。
そのうち自転車のチェーンがしょっちゅう外れるようになったので自転車屋さんに見てもらったところ、チェーンとかみ合うクランクがひどく磨耗していて、「ここまですり減ったのは見たことがない」と言われてしまいました。それもそのはず、1年間に1万キロ近くを走っているわけです。この自転車通学が、足腰とメンタルを鍛えてくれたのでしょう。

家の方針では、大学進学にあたって浪人はさせないということになっていました。
ところが、高校ではあまり勉強せずスポーツに没頭してに来てしまっていましたから、一度は本気で勉強しようと決意し、親には浪人させてもらえるようお願いして、許しを得ました。
それまでは理系選択だったので数IIIまで履修し推薦で行ける大学もあったのですが、文系への転向と、どうせ浪人して進学するなら六大学に行きたいと考えていました。
残念ながら第一志望の早稲田大学はマークシートを失敗し合格はかないませんでしたが、明治大学に進むことになりました。

大学時代 ~企画会社のアルバイトでビジネスマインドが萌芽

当時のステータス「86レビン」

大学に入るとお金を稼ぎたいという思いが強くなり、授業やサークル活動には目もくれずにバイトに精を出していました。
直接的には、彼女とのデート代や当時は若者のステータスだった自分の車が欲しかったのが理由です。(当時人気の「86レビン」(懐かしいですね)という名車を狙っていたのです)
王道のアルバイトでは、学習塾の講師、家庭教師をやりました。現在の研修講師につながる「教育」には、この頃目覚めたのかもしれません。「育てる」に関係するといえば、同じ頃、親戚に生まれた双子が本当に可愛くて、将来は保育士になろうと思ったこともあります。 手っ取り早く稼ぐ時給効率の良いアルバイトでは、工場のラインや飲食業の深夜シフトなどもやりました。飲食のアルバイトでは、店全体を見る必要からオペレーションの課題などに気付く良い経験になったと思います。

そのうち、報酬だけではなくもう少しビジネスに直結する仕事がしたい考えて、大学3年生の時に恵比寿の企画会社でバイトを始めました。
この会社では、あらかじめ決められた役割や仕事だけではなく、企画書を書いたり、マーケティングのために取材や調査に行ったり、社長の原稿をタイプアップしたりとかなり幅広く、また頭も使う経験をさせてもらいました。
その中で、接点があった広告代理店に興味を持つようになりました。
もともと仕事をするならビジネスの最初から最後までに関われる仕事をしたいと思っていたので、大手の広告代理店ならそれができると考えたのです。

第一志望は電通に決め、ツテを頼ってOB訪問したり、営業の責任者の方にお願いして人事の模擬面接をセッティングしていただいたりしました。当時も広告代理店は人気企業で、1人当たり持ち時間5分で1万人を面接していたと言われていた時代です。本番と同様に5分でやってもらった模擬面接のフィードバックは散々なものでした。曰く、「君はどこから来て、どこに行こうとしているかのベクトルがまったく見えない」。確かに指摘の通りでした。そこで、自分自身と向き合い、自分の軸(強み)は良い意味で「攻撃的なところ」と決め、面接に望みました。残念ながら内定には至りませんでしたが、1万人の中から300人までには残りました。

そんなとき、中学の同級生で高校から学校が違ってもずっと友だちの一人が、「この会社は僕じゃなくて、福島くん向きだね」と言って、自分の就職活動で調べた時のユニデンのパンフレットをくれました。
そのとき、最初から最後まで関われる仕事は、代理店ではなくクライアント側になるのもありだなと思いました。ユニデンは自社ブランドを前面に出した製品よりもOEMを得意とし、また海外展開も積極的に行っているユニークなところも自分に向いていると感じたのです。

就職・ヘッドハンティング・独立 ~新事業の立ち上げ経験と経営視点を学ぶ

生意気2年生

新卒入社の同期は60名ほどいました。
ものづくりに携わるなら、マイナーな自社ブランドよりも大手メーカーのOEMと考え、1年目からOEM営業担当となりました。
OEMは製品ありきのプロダクトアウト型の営業とは異なり、顧客に対してまさに提案営業を行うスタイルです。大学時代のアルバイトで鍛えられた企画書の作成経験がここですぐに活きました。当時は家電メーカーのみならず、ときには化学会社までもが自社ブランドでコードレス電話を作りたがっていた時代で、マーケットそのものも拡大していました。市場環境が良かったことと大学時代のアルバイト経験が活かせたことで、仕事をすればするほど自分の業績は上がっていきました。
一方で、オーナーの意向による上司の降格や退職も目の当たりにし、資本主義のシビアな本質の一面を見る経験もしました。

2年目になるとソニーを担当し、香港を中心に海外出張に飛び回る毎日でした。新卒社員ながら1年目で成果を出し、だいぶ自信もついてきたのだと思います。2年目になると、スーツをすべて新調し、眼鏡も金縁に変え、シャツの上にはサスペンダーまでするスタイルで、若気の至りとは言え今振り返ると随分“イキッた”格好をしていたと思います。外面・内実ともに自信と実績をつけ、3年目には最年少で係長に昇格しました。

中国シンセンにて

北京のいきつけのお店で
(本人:お店の子供をだっこ)

その後は、北京駐在を命じられ、新しい合併会社の立ち上げに奔走しました。しかし、中国で誤った情報をつかまされて20億の余剰在庫を抱え、発覚から2週間で本社に強制送還となりました。戻ってからは、古巣のOEM部隊で営業活動の傍ら、業務標準化・マニュアル整備など業務改善を中心に、着実な事業品質の向上を推進していました。その後、国内事業の再立ち上げにおける経営との戦略の相違がきっかけになり、ヘッドハンティングを受けて社員120名ほどの大阪のベンチャー企業に移籍することにしました。

ここはパッケージソフトのアウトソーシングをしている会社でしたが、コンテンツを伝送でデリバリーする新しい事業の責任者として着任しました。
それまでは、上場会社の看板と組織、体制、制度などに守られていましたが、ベンチャーでは雇用形態、評価制度、給与など、社員には自立と成果を求める厳しい環境に変わりました。しかし、これも自分で選んだ道です。
前職でも大手企業との交渉や海外駐在など、ある程度の権限と裁量は持たされていましたが、あくまでも会社の事業の一部を遂行するためのもので、先方のカウンターパートも事業実務レベルの人たちがほとんどでした。
一方、移籍したベンチャーでは、様々なタイプの経営者に会う機会が増えました。また、社長の名代として会合などに出席することもあり、事業レベルにとどまらず、企業まるごと・経営まるごとの視点を持つ人たちとに触れる機会と人脈形成ができたことは大きな財産になりました。
この会社では、任されていた新事業の開発方針について社長と考えを異にすることになり最終的に退職しましたが、自分自身のキャリアにとっては、前職からリスクをとって移籍しただけの大きなメリットがありました。
このあと、外資系ファンドが出資するベンチャーに移籍したのち、ちょうど2000年を迎えた年に独立することにしました。

Pocket

Comments are closed