ビジネス美学

一期一会/YOLO(You only live once)

これは自信を持って言えますが、私は初めて会ったときと、100回目、1000回目に会ったときとで、人への接し方を変えたりすることはしません。
この世に生を受けてからこれまでわずか数十年の間にお会いできる人の縁は、全世界の人口72億人を考えれば非常に貴重なものです。ですから、最初から自分を包み隠さず、オープンにしてお付き合いさせていただくことを信念にしています。私や接する方の社会的立場が、仮に今よりうらぶれたとしても、逆にどんなに偉くなったとしても、今日お目にかかったこの感じとまったく変わらないと思います。
これを、ビジネスでは「フェアネス」とか「Win・Win」とか様々な言い方をしますが、私は「素直」であるということに尽きると思います。世界には多くの人がいる中で出会えたご縁に感謝して、お互いが心から笑顔になるようなことができたらいいなと常に考えています。

人生は自己責任による「選択」の積み重ね

自分の人生はすべて自分の「選択」によってできています。
卑近な例で言えば、二日酔いがつらい朝に「昨日は、飲まされちゃってさー」とぼやいている人がよくいます。しかし、本当に人から「飲まされる」という状況があるのでしょうか。まさか何も見ず知らずの人たちに、無理やり口に酒を流し込まれた訳ではないでしょう。勧められたグラスを手にとり、口に運んだのは自分です。もともと、その場面へ参加を決めたのも自分です。さらには、そういう仲間と付き合うことを決めているのも自分です。
このように日常のことでさえ、私たちは多くの選択をし、実は自分で結果を招いているのです。どのように自分の人生を選択するかは、自分の人生をどう過ごしたいと考えているかに結びついていくのだと思います。
ですので、日常生活でもビジネスでも、まずは自らのゴール・信念・コンセプトを定める事が大切です。
全ての選択は、そのゴールへの道です。あなたが目標へ向かえない選択はすべきではないのです。

自分の存在が誰かを・周囲を笑顔にする

周囲を笑顔にする存在になる

周囲を笑顔にする存在になる。
私が人生において「選択」してきていることは、エイベックス・グループの企業理念、フィロソフィーに大変近いところにあります。
私が自分自身の役割を果たすことによって周囲に影響を与え、結果が変わるということは、素晴らしいことです。
自分の働きによって、相手の可能性が広がる、幸せになる。エイベックスは会社としてこれを目指していますので、私は今、非常に充実した毎日を過ごせていると感じていますし、組織=人ですので、これからも私どもがビジネスを通じ、人を笑顔にし続ける事がエイベックス、エンタテインメント界、そして社会の成長となると考えています。

Pocket

Comments are closed