ビジネス美学

夢は口に出すこと

写真5
憧れの西新宿のビル群へ

私に他の人より特別な能力が備わっているのだとしたら、それは「夢を見る力」だと思います。そして、夢を実現させるためには口に出すことが大事です。
新大久保で一号店を出した頃、同じ新大久保に住まいもありました。夜、マンションのベランダからきらめく西新宿の高層ビルを眺めながら、「将来は絶対新宿センタービルにお店を持つぞ!」「私たちはあの灯りの一つになる!」と叫んだものです。 しかし、お金さえ出せば新宿センタービルに入居出来る訳ではありません。入居のためには一流企業としての実績と信用を評価する厳しい審査があるのです。
そんな時、センタービルに本社を構えるある大手企業の創業者の方から私宛てに直筆の手紙が届きました。これまでまったく面識のない方です。「もしかしたら・・・」という期待を抱きつつ手紙を開けてみたると、「あなたは今のビジネスに向いている」という、どちらからと言えばあたりさわりのない内容が書かれていました。その後、お食事をご一緒させていただいた際、思い切ってセンタービルに出店したい夢を話してみました。すると、同じセンタービルに入っているその方の奥様が経営するサロンを譲り受けないかとおっしゃってくださったのです。実は、最初のお手紙は最終的にそれ伝えるためにくださったのだそうです。「保証金も分割払いでいいよ」とおっしゃってくださいました。強く望み続けた夢が、向こうからやってきた瞬間でした。
夢は言葉にすることで、自分の希望・願望は周囲に伝わります。同時に自分自身に対しては、あとには引けない覚悟が出来ます。そうすると直接間接に周囲が動き始め、運が回りまわって夢が本当の現実になっていくのだと私は信じています。

Pocket

Comments are closed