image_print印刷

ビジネスポリシー

全てに対しフェアであること

ビジネスポリシー
全ての事に対しフェアで。

お客様や社員からマーケットといった全てに対してフェアであることです。証券会社時代には様々なお客様の相手をしてきました。当然ゴネるお客様の対応もしました。そこは大口客だろうが、小口客であっても公平であるべきで、商売とか経済合理性で許容してしまうのが嫌いでした。また、コネクションや人脈に対して否定的な考えをもっており、コネクションを武器にして物事を有利にすることや、のし上がることを良しと感じません。そのような考えから全てに対してフェアでいることが私のポリシーになります。これは先ほどお話しした、中学生時代のいじめ、いじめられた経験に基づいており、社会人になってからは企業の偽善性といった、汚い部分も見えてきたこともあり、ますますフェアな商売がしたいという思いは強くなっていきました。

証券時代の最初の配属先は秋葉原支店で、ここは新規開拓がベースの新店でした。なにしろ当時は下落相場で、損をしたお客様が怒鳴り込んでくることもありました。怖いし殴られるんじゃないかと思いつつ、正面から向き合いキッチリと戦略を説明することで、お客様は納得し、なおかつ買い増しして帰ってくれました。この体験が営業スキルのベースになりました。

お客様は謝罪が欲しいのではなく、今後の方針や戦略、計画を聞きたいのです。そのためには豊富な知識が必要になります。学ぶことが多い業界ですから必死になりました。そのかいもあり3年で、どの社員よりも証券に関する知識は豊富になり皆からは驚かれました。とにかく色々な人に聞くことに徹して、ある時は副社長にまで「この経緯をおしえて下さい」と電話で聞いていました。何せ自分で納得しないものは売れないじゃないですか。知識の裏打ちがあったうえでフェアに接すれば、人間は必ず心を開いてくれます。

将来の夢

自分の価値観に近い人を100人作りたい

将来の夢
日本の既成概念を中和させるには企業の成長が不可欠。
色々な経営者が言っていますが、「利益や売上といった財を作るのは三流で、本当の一流(重要)は人を作る」ということ。これにはまったく同じ考えを持っています。そして、なるべくなら自分と同じ価値観を持つ人が、もう少し日本には増えてもいいのかなと考えています。自分に近い価値観を持つ人を100人作るのが今の夢になります。日本の常識や価値観に一石を投じたい、別視点から日本の既成概念を中和させることで、世の中のバランスが取れるのではないかと思っています。

そのためには会社の影響力を大きくする事が必要になります。世界で一番働きたい会社であり日本で一番信頼される会社を目指す事になります。そして、夢を実現するためには、どこよりも早く成長をなしとげ、素地の良い人材、場合によっては悪い人材も受け入れ、強烈な価値観と社会貢献を実現できる人間を多く作っていくことが、自分に課せられた永遠の課題です。

プロフィール詳細

プロフィール 生年月日 1965.2.24
出身地 群馬県前橋市
血液型 O型
生活リズム 平均起床時刻 AM6:00
平均就寝時刻 AM1:00
平均睡眠時間 5時間
平均出社時刻 AM7:30
平均退社時間 PM20:00
自己流 ゲン担ぎ 無し。
集中法 プロレスの曲を頭の中でくり返す。
リラックス法 一杯やる(お酒)。
健康法 ジム等で体を動かす。
休日の過ごし方 家族と過ごす。
座右の銘 無し。
好み 趣味 ゴルフ、サッカー、スノボ
好きなブランド HUGO BOSS
好きな食べ物 スイカ、とうもろこし
好きなお酒 ウイスキー
好きなエリア 新宿
好きな色
Voice 社員から一言 仕事以外では、よく笑う面白い方です。

My Favorites

オススメの本

■愛読書

壬生義士伝(みぶぎしでん)

■ビジネスパーソンに薦めたい本

デフレの正体

よく行くお店

■よく行くお店

中本(ラーメン屋)

■ビジネスにお薦めのお店

虎白(神楽坂)
image_print印刷
Pocket

Comments are closed