Amazonで買う

今いる仲間で「最強のチーム」をつくる
自ら成長する組織に変わる「チームシップ」の高め方

  • パジャ・ポス
    代表取締役
    池本克之氏
  • 出版社:日本実業出版社
  • 発売日:2014/6/19
対象読者層:
経営者 マネージャー リーダー
キーワード:
マネジメント 最強のチームをつくる

組織の「成長請負人」と呼ばれた著者が、自身も悩んだ「人の問題」を解決するため、長年、試行錯誤して体系化したプログラム、「TDC(Teamship Discovery Camp)」を初公開!4ステップで効果が続く!実践法をやさしく解説。

>> 著者インタビューはこちら

書籍概要

目次

  • 1章 私はなぜ、チームをうまくまとめられなかったのか?
  • 2章 「チームを動かすノウハウ」の落とし穴
  • 3章 自分たちで「目標」を決めればチームはまとまる
  • 4章 「TDC」を始めることで何が得られるのか?
  • 5章 「TDC」で「最強のチーム」をつくる
  • 6章 リーダーのための「もっと伝わる」コミュニケーション術

リーダーはいつも「人の問題」で悩んでいる
「どうすれば、メンバーがついてきてくれるのか?」
「どうすれば、まとまりのある強いチームをつくれるのか?」
これらはリーダーが必ずと言っていいほど悩む「人の問題」です。
本書の著者、池本克之氏もまた、長年この「人の問題」に頭を痛めてきました。
池本氏は、ドクターシーラボ、ネットプライスの社長として両社の上場や成長に多大な貢献をし「成長請負人」と呼ばれた人物。
そんな彼でもチームづくりでは試行錯誤をくり返し、そしてようやくたどりついたのが、本書で紹介する「TDC(Teamship Discovery Camp)」です。

組織の「成長請負人」が苦心して編み出したチームづくりの手法とは?
「TDC」とは、簡単に言うと「チームシップを発見するための話し合い」です。
チームシップ」は池本氏の造語で、「チームのメンバー全員が自分のチームという意識を強く持ち、チームに貢献する」こと。
TDCは最短は4時間・最長は2泊3日の合宿で、このチームシップを高める独自のプログラムです。

あらゆるチームで導入効果があったプログラムを初公開!
TDCは企業はもちろん、NPOや学校の運動部などでも導入効果があるすごいプログラムです。
本書では、チームメンバーが一丸となって課題を解決する「最強のチーム」に変わる、TDCの詳細な手順とメカニズムを初公開します。
また、それ以外にも、チームがまとまらないそもそもの原因、世間でよく聞く「人を動かす」ノウハウの落とし穴、リーダーのためのメンバーとのコミュニケーション法など、組織の「人の問題」を一挙に解決するためのヒントが詰まった一冊です。

著者: 池本克之氏
1965年神戸市生まれ。1988年日本大学生物資源科学部卒ノンバンク、海外ホテル事業、生命保険代理店営業を経験。財務、マーケティング、セールス、人材教育などを体得する。その後、通信販売のベンチャー企業の経営に参画。それまでのノウハウを実践する。株式会社ドクターシーラボ移籍後、代表取締役として2004年3月ジャスダック店頭公開に貢献。2003年11月ドクターシーラボを退任。月商1億円に満たない時代から1年3ヶ月で月商7億円超に、さらに年商120億円企業へと成長させた。2004年3月 株式会社ネットプライス執行役員に就任。公開企業のマネジメント経験を活かし、若いベンチャー企業の参謀役としてカスタマーサービス、物流、CRM、仕入先開拓等の 機能を統括する。2004年7月にはマザーズ店頭公開。経営者として2度の上場を経験する。その後、複数のプロ経営者を経て現在は組織学習経営コンサルタント。多くの企業の成長をコンサルティングする。

Pocket

Comments are closed