Amazonで買う

情と笑いの仕事論
-吉本興業会長の山あり谷あり半生記-

  • 吉本興業
    代表取締役会長
    吉野伊佐男氏
  • 出版社:ワニブックス
  • 発売日:2014/6/27
対象読者層:
リーダー ビジネスパーソン
キーワード:
自己啓発 仕事に悩むビジネスマン

自称「一番おもろない社員」が、日本随一のエンタメ会社の会長になるまで。石の上にも三年?…そら、短すぎやわ。すぐ辞めそうな部下に、読ませたい本No.1!

書籍概要

吉本興業吉野会長の半生記、バイト入社からの道のり描く

「石の上にも三年?…そら、短すぎやわ。」バイトから会長まで上り詰めた理由とは!?
すぐ辞めそうな部下に、読ませたい本No.1!
昭和40年、学生時代のバイトを機に吉本興業に入社。しかし、「笑いの芸をビジネスに変えたい」という情熱は、不本意な配属で打ち砕かれ、「毎日が嫌で嫌でしょうがなかった」。それでも与えられた仕事に真摯に取り組み、上司や芸人からの信頼を得ることで、CM営業など新たな柱を確立。会長にまで上り詰めた山あり谷ありの半生記。仕事に悩むビジネスマンは必読!!

目次より

  • プロローグ 「いちばんおもろない男」がトップになった
  • 1章 吉本興業・どん底時代
  • 2章 芸人と情を交わす
  • 3章 テレビがもたらした黄金期
  • 4章 吉本芸人を売り込む―CM営業奮戦記
  • 5章 吉本興業の東京再上陸
  • 6章 吉本興業が100年続いた理由
  • 特別対談 芸人と社員それぞれから見た吉本興業(吉野伊佐男×六代桂文枝)

「本意ではない仕事を与えられた時」「上司や同僚からの信頼を勝ち取るためには」「今の仕事が向いているか悩んだら」といった章立てで構成。幅広い年齢層のビジネスマンにとってヒント満載の1冊をぜひ手に取ってみよう。

著者: 吉野伊佐男氏
吉本興業株式会社代表取締役会長。1942年、大阪府東大阪市生まれ。関西大学を卒業後、65年に吉本興業入社。入社時の配属先は総務部。その後、制作部に異動し、86年より営業部CM企画課長として、数々のヒットCMをプロデュースし、吉本興業の売上における新たな柱を確立する。87年広報室長、94年セールスプロモーション部チーフプロデューサー。2001年取締役。05年代表取締役社長を歴任し、09年4月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

Pocket

Comments are closed