Amazonで買う

「君にまかせたい」
と言われる部下になる51の考え方

  • スターバックスコーヒージャパン
    元CEO
    リーダーシップコンサルティング代表
    岩田松雄氏
  • 出版社:サンマーク出版
  • 発売日:2013/5/29
対象読者層:
リーダー 若手ビジネスパーソン
キーワード:
自己啓発 初めて部下を持った人 若手

ベストセラー『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』の著者岩田松雄氏、待望の最新刊が登場です!

>> 著者インタビュー記事はこちら

書籍概要

ザ・ボディショップとスターバックスでCEOを務めた著者が語る、
上司が「引き上げたい」と思う部下になる方法。

「上司といまいちウマが合わなくて……」
「上司への報・連・相の仕方がよくわからない」
「うまく上司をコントロールして、仕事を上手に進めたい」
こんな風に思っている方もいるかもしれません。

ザ・ボディショップやスターバックスのCEOを務めてきた岩田さんも、もちろんかつては部下だった時代があります。部下時代にはどう仕事や勉強に向き合っていたか。そして上司や経営者になったときにはどんな部下の存在に助けられたか……。かつて部下だった経験と、上司として部下を持った経験と。その両面から見た「君にまかせたい」と言われる理想の部下の姿について51項目にまとめました。

目次より

  • 1章 部下は、従順でなくてもかまわない
  • 2章 部下は、“過剰サービス”から始めなさい
  • 3章 部下は、完璧な仕事が求められるとは限らない
  • 4章 部下は、背伸びや無理をする必要はない
  • 5章 部下は、上司をコントロールしてもかまわない
  • 6章 部下は、よく読み、よく学ぶべきである
  • 7章 部下は、まず人間性をこそ高めなさい

著者: 岩田松雄氏
1958年生まれ。
大阪大学経済学部卒業後、日産自動車株式会社に入社。生産、品質、購買、セールスマンから財務に至るまで幅広く経験し、 UCLAアンダーソンスクールに留学。その後、外資系コンサルティング会社ジェミニ・コンサルティング・ジャパン、日本コカ・コーラ株式会社役員を経て、ゲーム会社の株式会社アトラスの代表取締役社長として、三期連続赤字企業をターンアラウンド。株式会社タカラ常務取締役を経て株式会社イオンフォレスト(ザ・ボディショップ)の代表取締役社長に就任。店舗数を107店舗から175店舗に拡大、売り上げを67億円から約140億円に拡大させる。その後、スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社のCEOとして「100年後も光り輝くブランド」を掲げ、業績を右肩上がりに成長させる。2010年度には過去最高売り上げ1016億円を達成。それらの実績が認められ、UCLAビジネススクールより全卒業生3万7000人から、「100 Inspirational Alumni」(日本人でわずか4名)に選出される。現在、リーダーシップコンサルティングを立ち上げ、次世代のリーダー育成に力を注いでいる。著書『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』(小社)は30万部を超えるベストセラーとなり、話題を集めた。ほかに『ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由』(アスコム)、『スターバックスCEOだった私が社員に贈り続けた31の言葉』(中経出版)、『「今日こそ、会社を辞めてやる」と決める前にやるべき55のこと』(経済界)などがある。

Pocket

Comments are closed