Amazonで買う

ニコニコ哲学-川上量生の胸のうち

  • 株式会社KADOKAWA・DWANGO代表取締役会長、株式会社ドワンゴ代表取締役会長、株式会社スタジオジブリ所属、株式会社カラー取締役、株式会社KADOKAWA取締役
    川上 量生氏
  • 出版社:日経BP社
  • 発売日:2014/11/14
対象読者層:
若手ビジネスパーソン
キーワード:
働き方

ニコニコ動画を育てあげ、KADOKAWA・DWANGOのトップとなった川上量生氏が生き方、働き方の哲学を語りつくす。

書籍概要

若き天才経営者と呼ばれる川上量生の胸のうちとは

ウェブメディア「cakes」(ケイクス)の大人気連載「川上量生の胸のうち」を単行本化!「もしドラ」の担当編集者でありcakesを率いる加藤貞顕氏が、川上量生氏の本音を次々と引き出していく。
「よくわからないからこそ、解きたいと思う」
「『しょうがないな』と思われるポジションをつくる」
「バカだとわかって、バカを一生懸命やるのが一番いい」
「とんでもなく悪いUIをわざとつくる」
「インターネットは多様性を減らしてしまう」……
常識とは真逆の結論、1億年先を考える思考、さらにテクノロジーと笑い――。若き天才経営者と呼ばれる川上量生の胸のうち、頭の中がわかります。

目次

  • 1 KADOKAWA・DWANGOはこうつくる
  • 2 ニコニコ動画のつくり方
  • 3 ニコニコはこう動かす
  • 4 バカにはバカと言い、計算ずくでバカをやる
  • 5 論理をとことん考える。
  • 6 1億年先を考える

著者: 川上量生氏
株式会社KADOKAWA・DWANGO代表取締役会長、株式会社ドワンゴ代表取締役会長。株式会社角川アスキー総合研究所主席研究員。1968年生まれ。京都大学工学部を卒業後、コンピューターの知識を生かしてソフトウエアの専門商社に入社。同社倒産後の97年、PC通信用の対戦ゲームを開発する会社としてドワンゴを設立。2000年に代表取締役会長に。03年に東証マザーズ上場、翌年に東証1部に市場変更。独自の発想で携帯ゲームや着メロなどのサービスを次々とヒットさせるほか、06年には、子会社のニワンゴで「ニコニコ動画」を開始。その後も「ニコニコ超会議」や「ブロマガ」など、数々のイベントやサービスを生み出している。

Pocket

Comments are closed