Amazonで買う

前進すれば道は開ける

  • HSコーポレーション
    代表取締役
    星野 修氏
  • 出版社:エイチエス
  • 発売日:2014/11/27
対象読者層:
経営者 管理職 起業家
キーワード:
大家族主義経営実践編

経営者・リーダーがスタッフに、従業員に思いを伝え、関係の質を上げていくことで、組織が良い方向に動く。机上の空論ではなく、実践者の言葉を聞いてほしい。

書籍概要

整骨院を経営する経営実践編

2011年発行の「大家族主義経営」(978-4-86408-929-6)に続く第2弾。東京で整骨院を18店舗経営する著者の「大家族主義経営実践編」です。どのようにここまで店舗を増やし、スタッフ育成をしてきているのか、自らの道を開いてきたプロセスを、わかりやすく丁寧に書かれてます。 業種かかわらず役に立つ、まさに実践の書となってます。

目次

  • 序章 グレートカンパニーへの道
    (HS WAY HS WAYをつくろうと思ったわけ)
  • 第1章 軌跡・歩んだ道
    (大家族主義の組織上司と部下の関係性の質を上げる ほか)
  • 第2章 リーダー・経営者の道
    (高2の娘の働きたい会社の基準治療家の仕事と社長の仕事 ほか)
  • 第3章 自己実現への道
    (人の命には、必ず終わりがある夢を目標に変える生き方 ほか)

著者: 星野修氏
株式会社HSコーポレーション代表取締役。1967年生まれ。柔道整復師。1992年、東京都江戸川区平井にて有限会社ひらい整骨院を開業し、関東を中心に鍼灸整骨院を展開。2009年7月、社名を株式会社HSコーポレーションに変更。2014年10月現在、鍼炙整骨院18院、デイサービス1店舗運営。2010年には「地域を元気にしたい」と願う全国の熱い経営者らと手を組み、異業種企業が交流する『日本商店会』を結成(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

Pocket

Comments are closed