Amazonで買う

グッドリスクをとりなさい!

  • オリックス シニア・チェアマン
    宮内 義彦氏
  • 出版社:プレジデント社
  • 発売日:2014/12/19
対象読者層:
経営者 管理職 起業家
キーワード:
チャレンジとはリスクをとること

元祖エリートビジネスマンの門外不出の仕事術
わずか13人のベンチャーは、なぜ総資産9兆円を超えたのか?

書籍概要

元祖エリートビジネスマンの門外不出の仕事術

チャレンジとは「リスクをとる」ということ。失敗を恐れていてはなにごとも始まりません。自分にとって価値があり、その経験が将来への糧になるような「グッドリスク」をとることを目指していただきたいと思います。
(「はじめに」より抜粋)

目次

  • 序章 人生は自ら切り開くもの
  • 第1章 まずは己を磨くこと
  • 第2章 考え方しだいで道は開ける
  • 第3章 時代を俯瞰する視点を持つ
  • 第4章 あの手この手で食らいつけ!
  • 第5章 人生を豊かにする宮内流読書術
  • 第6章 リーダーに求められる条件とは

著者: 宮内義彦氏
1935年神戸市生まれ。58年関西学院大学商学部卒業。60年ワシントン大学経営学部大学院修士課程修了後、日綿實業(現双日)入社。64年オリエント・リース(現オリックス)入社。70年取締役、80年代表取締役社長・グループCEO、2000年代表取締役会長・グループCEO、03年取締役兼代表執行役会長・グループCEOを経て、14年シニア・チェアマン就任、現在に至る。これまで総合規制改革会議議長など数々の要職を歴任。現在、ドリームインキュベータ、ACCESSなどの取締役のほか、新日本フィルハーモニー交響楽団理事長などを兼務。著書に『経営論』(東洋経済新報社)、『リースの知識』(日本経済新聞社出版局)、『世界は動く』(PHP研究所)など。

Pocket

Comments are closed