アキナイポリシー手土産評論家でもある越石氏による 手土産から学ぶビジネステクニックセミナー 粋なビジネスパーソンになるには

出来るビジネスパーソンなら、お客様を訪問する前には、その目的に合わせて服装や身だしなみ、今日のシナリオや資料の準備などを抜かりなく行うのは当たり前のこと。
それに加えて「お近づきのしるし」「日ごろの感謝の気持ち」「お礼」「お詫び」など、様々なビジネスシーンに合わせて、相手に対する強い想いを持っているものです。
当セミナーで講師を務めるのは、株式会社クライアントサイド・コンサルティング代表 越石一彦氏。山一證券、メリルリンチ日本証券で輝かしい成績を収め、自ら立ち上げたクライアントサイド・コンサルティングでは、これまでに200社以上の企業の顧問を、また、2万人以上の受講を引き受け、企業経営者をはじめ各方面から絶大なる信頼を得ています。
越石一彦氏ならではの華麗な手土産テクニックを、自らの体験を踏まえ直接レクチャーいたします。

ポイント1) ワンランク上のビジネスパーソンとしてのたしなみを備える

相手への気持ちをさりげなく表すために、日本には“手土産”という粋な文化があります。
この手土産の流儀・作法の基本を知ることは、日本人として守るべき文化を受け継ぎ、さらにワンランク上のビジネスパーソンとしてのたしなみを備えることにもなります。

ポイント2) ビジネス人生においてどれだけ多くの「生涯顧客を持てるか」

「生涯顧客」とは、文字通り一生お付き合いをしていくお客様のこと。
その方の人となりも家族も人生も含めて、お付き合いしていく大切なお客様なのです。 相手のことを想う気持ちを、手土産というさりげない形で表すことによって、思いのほか距離感が縮まったり、心が通じ合うことがあるのです。

セミナー概要

お客様のご要望に合わせたプログラムをご用意いたします。
法人様(標準パターン)・・・20万円~/回
個人でグループ申し込み・・・お一人様1万円(5名様から)
※人数・金額はご要望に応じてカスタマイズが可能です。
※手土産などのご用意させていただく場合は、実費として別途費用がかかります。

アキポリ一押しの手土産評論家

越石一彦氏

株式会社クライアントサイド・コンサルティング
代表 越石一彦氏

栃木県那須在住。
昭和63年3月、函館大学商学部商学科卒業。
同年4月、山一證券株式会社へ入社。社長賞を2度受賞するなど活躍し、従業員組合の副執行委員長を務めた後、史上最年少31才で池袋支店のライン課長に就任。平成9年、会社廃業に伴い、平成10年3月に山一證券株式会社を退社。
同年4月にメリルリンチ日本証券株式会社に移籍。池袋支店において、ファイナンシャル・コンサルタントとしてトップの成績を挙げる。
平成13年5月に同社を退職し、株式会社クライアントサイド・コンサルティングを設立。
ブレーンネットワークを駆使した経営コンサルティング会社として、企業経営者より絶大なる信頼を得ており、これまでに200社以上の企業の顧問を引き受けている他、各公共団体や上場企業等からの講演依頼に加え、上場企業を中心にトップセールスマン研修、管理職研修などの依頼を受け、受講生は2万人以上に。「明日から行動が変わる実践型の研修」として各企業・公共団体等に好評を得ている。
証券会社のトッププレイヤーだった時代を含め、食通の多い経営者とのお付き合いも多い現在の経験からも、「ビジネスに効く」手土産については一家言を持つ“必殺手土産人”。