求める人財像

「人間的魅力」と同時に「気概」のある人

求める人財像

一般的に求めらる人財像として「明るく元気で、やる気を持った前向きな人」というのは、当社も同様です。
これに加えて、当社は食品卸売業(問屋)として「人」と「人」とを繋ぐのがビジネスですから、人が好きで好きでたまらない人を求めています。
語学力や資格などのスキルはあるに越したことがありませんが、これはポケットの中に忍ばせておく武器で、必要な時に取り出して使えばよいのです。

「人が好き」というのは、逆に言えば「人に好かれる」人です。
このベースとしては家族や友達の影響が非常に大きいと思いますが、特に、就職においては大学でどういうことをやってきたのかということが重要だと思っています。
大学でどのような人達と交わり、どのような考えで、何をしてきたか-これはアルバイトでもボランティアでも、ゼミ活動でも、どんなことでも構いませんが、大事なのはその人が挫折したときにどのようにそれを乗り越えてきたかです。
ここにその人の「人となり」の本質が出てくると思っています。

当社の社員は、昔から大変「人柄が良い」ということを言われてきました。
だだし、これからは、「人柄」だけではビジネスは成り立たないと思います。
採用の際には、「この人は自分たちの仲間として欲しい人財か」という視点でみていますが、仲間=チームワークというのは、一人一人の強さがなければ成り立ちません。
チームワークの強さは、個の強さが前提となっているのです。
ですから、当社では、人柄の良さに加え、個の強さを持った「気概のある」「芯のある」人を求めています。

Pocket

Comments are closed