ユニークな人財開発プログラム

「実感」「体感」することで、身体にしみ込むプログラム

ユニークな人財開発プログラム

当社特有のプログラムと言えば、先ほど申し上げたデジタル研修に加えて、制作倫理講習会(制作物を世の中に出す際に守るべき内容を学ぶ)や、レコーディング・マスタリング講座(レコーディングからCDに音を入れるまでの流れを知る)、著作権講座などエンタテインメント業界ならではの研修を実施しています。

また、毎年新卒内定者を対象にしている、a-nation(エイベックス・グループが開催する夏の野外ライヴフェス)でのエコ活動などでしょうか。
過去には全社員を対象に、当社所属アーティストのLIVE見学研修をやったこともありました。
これは、エンタテインメントをつくりだすことを仕事にしている我々自らがエンタテインメントに触れることで、頭で考えるだけではなく体感して自分たちの仕事に活かすという意味合いで実施しました。
その意味では、直接的な教育ではないかもしれませんが、エイベックスで直接雇用している障がい者アスリートのパラリンピックでの活躍の支援・応援や、全社員対象の社員旅行なども、エンタテインメント企業としてのありようや意識付けという観点で、非常に意義のあることだと思っています。

人を楽しませるにはまず自分が楽しむ、人を感動させるにはまず自分が感動する、そういったマインドの現れです。
研修といっても、ユニークさが先に立ったり、あまりにも座学に寄ったりすると、実際のビジネスとは乖離してしまいます。
自らのビジネスに引き寄せて考えることができ、かつ心(本質)にしみ込むプログラムを工夫しています。

Pocket

Comments are closed