若いビジネスパーソンへのアドバイス

自らの進む道に、自ら明かりを見つけよう

先ほどから繰り返してお話していることですが、今は、変化が早く激しく、不確実な未来に対して、過去の経験が活かせない時代になってきています。
このような見えない先にも明かりを見つけて、自らを鼓舞できる人、目標を定めてそれに向けた努力が出来る人になって欲しいと思います。
私たちの若いころは、のほほんとしていても何とかやっていける時代でした。同時に、明日は今日より必ず良くなるという思いがあったため、社会全体にもっと勢いがあり、熱を帯びていた人が多かったような気がします。そのような時代が良かったという訳ではありませんが、今は当時のような明るさや元気がなくなってきています。
先が見えない時代だからこそ、目先だけ、足元だけをしっかりやっていても駄目なのです。
自分で自分の進む先を決めて、そこに向かって歩みを進めていくことが求められていると思います。
これが「キャリア自立」そのものではないでしょうか。

Pocket

Comments are closed