ギグセールス株式会社 取締役副社長 福山 敦士氏

最強営業インタビュー
ギグセールス株式会社 取締役副社長
福山 敦士(ふくやまあつし)氏

執筆のきっかけ

本書は「営業」×「自己成長」をテーマにした作品です。
物事に「絶対」はありません。しかし、絶対的な自信をつくり育てることはできる。そのためのスキル・メンタリティ・セルフグロースの方法論を盛り込みました。
社会情勢や、営業職を代替するテクノロジーの台頭により、自信のない営業職からの相談が増えています。また、企業・読者・セミナー参加者で、若手から経営者まで同じような悩みをいただきます。
日本市場では、自社商品の販売をしたい企業の営業ニーズはなくなりづらく、コロナ禍でも求められ続けています。しかし、オンラインでの商品情報へのアクセスが容易になった昨今、法人営業の難易度が年々高まっております。なぜ自社の商品が良いのか、どんな時に役立つのか、イメージができていない若手営業職ほど自信を失いやすいのが現状です。
“営業職である以上、受注をすることがお客様を幸せにする行為そのものである。”
遠慮せず堂々と、必ず受注して帰ってきてください!という営業職の背中を押したい気持ちと、「学校では学ばなかったけど、社会で求められること」のギャップを埋めるべく、ひとりでも多くの人々が活躍できるようなきっかけをつくりたいと考えております。

これまでの著書も伝えたい本質は、全てに共通しています。それは「メタ認知」です。
本書も、決して営業とは何かを知ってもらいたいのではありません。「メタ認知」さえできれば、得意分野か不得意分野か、ある意味客観的にわかりますし、「メタ認知」ができればどんなポジションにいても、自分を成長させることができるのです。 自分のことを知る。目標を立てた上で現状とのギャップを埋めるべく動いてみる。その結果、自分がどう感じたか気付きを振り返り、自己フィードバックをする。このサイクル自体は、クライアントワークにも応用できるし、何よりも自分自身が成長することにもつながるという、そのつながりを伝えたいという思いで書きました。

足りないのは頑張ることではない。「ルールの理解」だ。​
「営業活動」ではなく、「受注活動」をしよう。
営業の仕事は、お客様のビジネスを成功に導くこと。
―相手の発注を促すための最速のプロセス・ノウハウを解説。

Pocket

Comments are closed