株式会社アルメックス 代表取締役社長 馬淵将平氏

著者インタビュー
テクノホスピタリティを世界へ
断トツナンバーワンへの挑戦
株式会社アルメックス 代表取締役社長
馬淵 将平氏(まぶち しょうへい)

執筆の動機

家族へ伝えて欲しい誇れる仕事

アルメックスはおかげさまで今年の6月に、創立50周年を迎えました。記念式典の準備に企画・広報と約1年間の時間を掛けました。

創立50周年
創立50周年記念式典にて

式典準備期間中に「社の軌跡をしっかりと残すことはできないものか」と、考えていました。最初は社内誌を考えていたところ、ダイヤモンド社さんから「社内誌となると一度目を通して、そのまま終わってしまう可能性が大きい。それならば、しっかりとした本として残したほうが良いのではないか」と提案をいただきました。
自動精算機というニッチな市場ではあるものの、高いシェアを獲得し、ターゲットの各業界から広く認知いただけるようになった事、そしてUSENグループに入って区切りの10年というタイミングも重なったので、「よし、書いてみるか」と、取りかかりました。書き上げるまで約半年ぐらいは掛かりましたね。

きっかけはタイミングが良かったことですが、一番の目的は、アルメックスで働いている社員と、未来のアルメックス社員へ伝えたい事があったからです。当社はまだまだ一般的な認知度は低いと思います。ただ、行なっている事業は社会的に意義のあるもので、これからも伸びる分野だと確信しています。
当社の事業の一つである自動精算機の導入先はレジャーホテルが多く、社員が家族から「仕事は何やっているの?」と聞かれると答えづらいと言う社員も少なからずいました。
「我々はITメーカーであり、そのひとつに自動精算機というソリューションをレジャーホテルに提供している」と頭では誰もが分かっていても、世間的には言いにくいところがあるんでしょうね。
「我々は最新のテクノロジーを提供している会社である」という事実を社員の家族にも知ってもらいたい気持ちが大きかったのです。

そして、最後に今後の採用について。この本が就活生へのアプローチにならないかと考えました。認知度という点で今はまだ大企業にくらべると採用に苦労する面があります。少数でも良いので、エッジの効いた人材に来ていただきたいと思っています。この本を通してアルメックスを知って欲しいという思いもあります。

テクノホスピタリティを世界へ

自動精算機のリーディングカンパニー、アルメックス社の開発の歴史を紐解く国内初の書籍である。
Pocket

Comments are closed