メディキット株式会社 代表取締役会長 中島弘明氏

著者インタビュー
風を起こす 社員の鍛え方
「諦めない勇気、やりきる信念」を育てる
メディキット株式会社
代表取締役会長
中島弘明氏(なかじま ひろあき)

執筆の動機

80歳を機に、ビジネス人生の集大成として変化の時代を生きる後進へのメッセージ

実は、今回が3冊目の出版になります。

1冊目の『自立型人間へのすすめ』は、毎週月曜日朝8時半に行う朝礼で、社員に向けて語った私の想いや若い時の経験をまとめたものです。その時は知らなかったのですが、実は、総務課長が毎回私の話を書き留めておいてくれたのです。せっかくですから、社員教育のためにその記録を本としてまとめることにしました。

一貫して自立型の人間を目指す内容になっていると原稿を読んだ方がおっしゃってくださり、本のタイトルにしました。最初は15年前に出版したものを、3年前に文藝春秋社から復刻しました。

2冊目の『これでいいのか?』は、3年前の当社創業40周年記念の一環として、社史と一緒に同じく文芸春秋社から出してもらった、言わば自伝的な本です。タイトルの『これでいいのか?』は、私自身に向けた若い時からの自戒の言葉です。
常に現状に満足することなく、自己否定をおそれずに自ら進化するために自分自身に問いかけ続けている言葉です。当社の工場のいたるところにもポスターにして貼られているので、これを見かけた出版社の方が「そのまま今回の本のタイトルにしましょう」と提案してくれました。

写真2
厳しくも家族主義で会社と社員を育てる中島氏

私は5年前に社長の座を譲っていますが、今回の出版については当社社員や栗田社長からの強い要望とダイヤモンド社が地元の宮崎まで提案に来てくださった熱意に押され、3冊目となりました。 ちょうど80歳を迎えたことを機に改めて私の人生を振り返り、ビジネスへの取り組み方や経営者、さらには人間としてのあり方についてまとめました。計らずも、先に出版された『自立型人間へのすすめ』に対する回答編のようになっています。 私自身、突出した特別な才能のある人間だとは思っていません。今の若い人たちとは生きてきた時代も異なります。それでも次の世代の人たちに諦めずにやり続けることの大事さを理解していただき、これからの人生の一助となれば嬉しく思います。

風を起こす社員の鍛え方

会社は人生の敵か、味方か?大企業がひしめく医療機器業界で、
トップシェアを走り続けるメディキット。
同社を起業し、上場を成し遂げた著者渾身の指南書登場!
Pocket

Comments are closed