「人材を育成することが、より良い未来を作る」

トップインタビュー
株式会社レオパレス21
取締役 専務執行役員 管理本部長
田尻 和人氏(たじり かずと)

敷金礼金なしの賃貸アパートを全国展開し、家具家電付きの物件と聞いて誰もが思い浮かべる企業が株式会社レオパレス21です。

「衣食住」という言葉があるなか、最も大切な「住」に関し業界のリーディングカンパニーとして44年間に渡り様々なサービスを提供し続けています。そして、最近ではIoTを駆使した最先端のサービスを提供し、入居者に快適な生活を送れる環境も整えています。

そして、株式会社レオパレス21は2017年2月21日に健康経営優良法人「ホワイト500」に認定され、また、3月23日には準なでしこにも認定されています。
今回は株式会社レオパレス21の人事トップである田尻専務にビジネスポリシーとそれに伴う人事・人材育成について、お話を伺いました。  

ビジネスポリシー ~企業として大事にしていること

チャレンジスピリットをもって新たな価値を生み続ける

当社の企業理念は新しい価値の創造です。
「良質な住宅供給」を行う賃貸事業と、「土地の有効活用」を行う建築請負事業の2つをコア事業とし、高齢化社会やグローバル社会への対応、充実した余暇の提供など、時代のニーズを見据えながら、快適な暮らしと豊な社会づくりに貢献し、社会全体に新しい価値をもたらしています。
なかでも、コア事業の1つである賃貸事業は、長期・短期や家具家電付き・お部屋カスタマイズやIoT装備のお部屋など、入居者様それぞれに最適な安心・安全なライフスタイルのご提案を行い、快適な暮らしをサポートさせていただきます。また、宅配ボックスを積極的に導入しており、周辺地域の方々も使用できるので地域の方にも喜ばれています。
建築請負事業においては、入居需要が高い地域のみに絞り、アパート建築のパートナーを探します。
賃貸住宅経営のビジネスパートナーとしてだけではなく、「資産形成」「税務対策」「生涯生活設計」の3つを柱とし、資産運用をサポートする「ライフステージサポート」も行っています。

今後はASEAN諸国での積極的な事業展開も考えています。
現在は主に現地邦人が安心して住める住宅を提供していますが、今後は現地の人々へも良質な住宅を提供していく予定です。

Pocket

Comments are closed