「やってみなはれ」の精神を受け継ぎ信頼される企業を目指していく

トップインタビュー
サントリービバレッジサービス株式会社
取締役執行役員 管理本部長 兼 グループ管理部長
田久保 悦弘氏(たくぼ えつひろ)

サントリービバレッジサービス社は、サントリーグループの一員として『サントリー天然水』『BOSS』『伊右衛門』などの身近な清涼飲料水を「自動販売機」「ディスペンサー」「ウォーターサーバー」「ショーケース」などの提供機材を通じて、お客様に提供しています。
特に自動販売機は15万台+を全国でオペレーションしており、スーパーやコンビニよりも多くの顧客接点を持っているというビジネスの強みがあります。今回は、サントリービバレッジサービス社管理系トップの田久保取締役執行役員に、従業員やこれから採用したい人財に対する熱い思いを語っていただきました。

ビジネスポリシー ~商いで大事にしていること

『水と生きる』~私たちの約束です~

水と生きる
サントリーグループの理念体系
サントリーグループの企業理念を共有・継承するとともに、弊社独自の企業理念を実現すべく、全力で努力しております。「水と生きる」は、わたしたちサントリーグループがお客様はもちろんのこと、地域社会や自然環境と交わす約束の言葉です。

〇地球にとって貴重な水を守り、水を育む環境を守っていくこと。

〇水があらゆる生き物の渇きを癒すように、社会に潤いを与える企業であり続けること。

〇そして、水のように柔軟に常に新しいテーマに挑戦し、新たな価値を創造していくこと。

これら3つの約束の中に、わたしたちの使命や志、価値観を凝縮し、世の中と広く共有していきます。

サントリービバレッジサービス(以下SBV)の企業理念

SBVは全従業員の物心両面にわたる幸福を追求することを約束しております。

1.お客様にとっておき(美味しさ+品質)の商品を、24時間、地域密着で提供します。

2.SBVおよびサントリーグループの企業価値を高め、豊かな社会の実現に貢献します。

企業理念を実現する為には、従業員一人一人が夢を持ち、高い目標に挑戦できる「やりがい」「働きがい」のある職場環境を提供することや事業活動から得られた利益をしっかり従業員とご家族に還元することが重要だと考えております。その為、従業員を経営リソースの最上位に位置付けています。現在、従業員はパートも含めると約3000人の規模になりますが、その全ての従業員を一番大事にする会社にしたいと考えています。

「やってみなはれ」~サントリーグループに脈々と受け継がれる精神~

お客様に最も近い目線で、常にお客様のニーズに寄り添いながら、グループに脈々と受け継がれる「やってみなはれ」の精神をもって、今後も私たちは地域社会に貢献し、信頼される企業を目指していきます。
『サントリー天然水』『BOSS』『伊右衛門』などのお客様に愛されるサントリー商品とお
客様との接点としての役割は、仕事に対する良い意味でのプライドとなり、強い会社になっていくと考えています。ブランド力をフルに活用し、他社との違いをどんどんアピールしてまいります。

Pocket

Comments are closed