全日本空輸株式会社 執行役員 人事部長 國分裕之氏

トップインタビュー
全日本空輸株式会社
執行役員 人事部長 兼 ANA人財大学長
國分裕之氏(くにぶ ひろゆき)

2012年に創業60周年を迎え、今日では年間旅客数が4200万人を超える世界トップクラスの航空会社であるANA。
この数年、世界同時不況や震災などの難局に直面しながらも成長し続けてきたのは、攻めの姿勢を崩さない戦略と、一人ひとりの強い信念からではないでしょうか。
ANA人財大学長という立場でもある國分執行役員に、ANA独自の人財育成について語っていただきました。

ビジネスポリシー ~企業として大事にしていること

お客様の安心と信頼のために、常に挑戦と努力を続ける翼を持つ

ANA

当社は、純民間の航空会社として60年前にスタートしました。
昨年創業60周年を迎えたことと今年4月からホールディングス制に移行することを機に、ANAグループ拠りどころとなる「グループ経営理念」「グループ経営ビジョン」「グループ行動指針(ANA’s Way)を新たに定めました。

「グループ経営理念」は、エアライン事業の根幹である“安心”とお客様からの”信頼”を2つの大きな柱として、『安心と信頼を基礎に、世界をつなぐ心の翼で夢にあふれる未来に貢献します』としました。

「グループ経営ビジョン」は、やはり“お客様満足”と“価値創造”を柱とし、『ANAグループ、お客様満足と価値創造で世界のリーディングエアライングループを目指します』としました。これまでの経営ビジョンでは「アジアNo.1のエアラインを目指す」としていましたが、これからはNo.1だけではなく、世界をリードするエアラインを目指します。実際、強敵はアジアの航空会社でした。シンガポール航空やマレーシア航空などは大変良い会社です。また、あまり知られていないかもしれませんが、韓国の航空会社のサービスの質も大変高いのです。これからはアジアからさらに視野を広げ、世界を見据えていきます。

「グループ行動指針」についてはいろいろ考えましたが、結局ANA’s Wayというネーミングになりました。内容としては、まず第一に「安全」です。もし、お客様の安全が危ぶまれることであれば、たとえそれが会社として利益につながることであっても、私たちは安全を優先します。二点目は、「お客様視点」に立って、自分の役割や価値を考えてみること。三点目が、「社会に対する責任」です。ここまでは、航空会社として当たり前と言えば当たり前ですが、あと2つはホールディングスの体制になったこととANAらしさを踏まえた内容になっています。それは、四点目として「チームスピリット」を挙げ、グループ全体が一体化して同じ方向を向いていくということ。最後は、「努力と挑戦」です。これはANAのDNAと言ってもよいと思いますが、純民間航空会社としてスタートし、特に国際線で遅れをとっていた当社は、常にライバル企業の背中を追いかけてきました。それは、たゆまぬ努力と挑戦の歴史と言えます。この「努力と挑戦」は、ANAらしさして当社の人財を考えるときに一番大事なことだと考えています。

Pocket

Comments are closed